XEマーケットで追証リスクなしでFXを始める

sdfsdf8FXの魅力は小額、つまり簡単に始められるところにあります。しかし、多くの方が認識されているように、大きく儲けるためには高倍率のレバレッジを利用しなければなりません。倍率は利益にも損失にも働くため、損失が大きな負債となる可能性があります。負債が証拠金を上回ってしまった場合、つまり証拠金が減りすぎてしまった場合にはマージンコールが出され追証つまり証拠金回復のための入金が必要になります。入金ができなければ負債が膨らむ一方になります。悪くすればトレーダーが破産しかねない事態を回避するため、近年では国内外のFXブローカーが対策を導入しています。業者により違いはありますが、証拠金維持率を低く設定する、負債が膨らみすぎる前に強制的に損切り決済をするロスカットなどがあります。

このように対策をもつ業者を利用したのであれば、証拠金を上回る損失を避けられると考えられますが、取引では時には例外が起こります。例えば、急激な為替変動により注文が殺到した場合に約定拒否から決済不能の事態、狙ったタイミングでスリッページの約定ができないなどの事態が発生します。このような事態が発生すると、強制ロスカットが効果的に働かず、結果、追証を逃れないということがあり得ます。

関連サイト: エンベロープ.com

XEマーケットの画期的な追証ゼロサービス

上記のように、各業者が対策を導入しているにも関わらず、追証の危険が残ります、

XEマーケットではマージンコールを保証金の50%、ロスカットレベルを20%としており、対策としては他社と大差ない感は否めませんが、加えて、証拠金口座の24時間監視を行うことで、リスク軽減をはかっています。口座の監視は確実で有効なリスク対策になっています。XEマーケットのサポートも常に待機しており、いかなる問い合わせにも速やかに対応してくれます。

FX取引で不安視されるひとつとして、週末を挟み週明けに向けて相場が大きく変動した場合に、業者の対応が追いつかないために損が膨らんでしまうことが挙げられます。このような事態を未然に防ぐことができるのがXEマーケットの口座監視システムです。口座残高がマイナスに陥っても追証が発生しないよう管理され、約定拒否や約定滑りの被害も受けにくくなります。

またXEマーケットでは業界最高水準である888倍のレバレッジを扱えるところが魅力の一つですが、予想外の追従を回避する対策があるからこそ、FX取引に慣れた方に限らず初心者の方にも安全なのです。追証ゼロサービス、レバレッジ、リスク管理システム、そしてスプレッドでFX比較をした場合、この業者は必ずトップに出て来る名前だと思います。